江戸時代から織り始められた遠州綿紬は、浜松繊維デザインのルーツと呼ばれる織物で、日本の四季から生まれた温かみのある【日本色】とやわらかな質感が特徴です。

 私たち遠州縞プロジェクトでは、この遠州綿紬の伝統と技術を継承し、感性豊かに新たな商品化・ブランド化を図り、人と町を元気にする事を目指しています。

遠州縞プロジェクトからのお知らせ

特定非営利活動法人として認証されました

綿繰り・糸紬の出張講座 (金, 18 12月 2015)
>> 続きを読む

第16回 遠州綿紬ぬくもり市 開催報告 (水, 25 11月 2015)
>> 続きを読む

ぬくもり市ありがとうございました (木, 09 7月 2015)
>> 続きを読む