江戸時代から織り始められた遠州綿紬は、浜松繊維デザインのルーツと呼ばれる織物で、日本の四季から生まれた温かみのある【日本色】とやわらかな質感が特徴です。

 私たち遠州縞プロジェクトでは、この遠州綿紬の伝統と技術を継承し、感性豊かに新たな商品化・ブランド化を図り、人と町を元気にする事を目指しています。

『ちょこっとぬくもり市』開催のご案内

遠州綿袖ぬくもり市がパワーアップして再登場です。新開発の「遠州格子(えんしゅうごうし)」を加えた、選りすぐりの創作商品の展示販売をさせていただきます。

 

とき 令和4年4月10日(日) 10:00-16:00

ところ はままちプラス


出展者 ぬくもり工房 ワークショップくるみ 株式会社栄商会 服工房古山 はままつぐし 竹杉商事 遠州縞プロジェクト他

 

こ来場者プレゼント

遠州格子のポケットティッシュケース

先着50名さまにプレゼント

 

参考展示/平成遠州稿報

1940年代から現在までの連州編をコレクション

 


遠州格子 - 令和2年度浜松市創造都市推進事業『The ENSHU + プラス創造事業』
令和2年度浜松市創造都市推進事業『The ENSHU + プラス創造事業』

遠州綿紬タグをチェックしましょう

遠州綿紬タグ見本
遠州綿紬タグ

 遠州縞プロジェクトでは、類似品等との混同をしないで遠州綿紬製品を手にしていただける安心・信頼の証となるように、遠州産の生地を使用する際には遠州綿紬タグを付けるよう作家や販売者にお願いしています。


続きを読む

2016年8月5日に特定非営利活動法人として認証されました