令和2年度 浜松市創造都市推進事業補助金

 

The ENSHU + プラス 創造事業 活動報告書

 

日 時

 令和2年7月29日(水) 18:00-21:00

 

場 所

 浜松市立東部協働センター 実習室

 

テーマ

 第2回 デザイナーズレクチャー&ワークショップ

 

参加者

外部招待者 松浦伸哉(講師) 三井いくみ(水野・ミカエル) 伊藤みどり 土屋公良  潮拓也 

構成員   中野眞 小杉思主世 鈴木惠 大高旭 和田喜充 古山勝美 須部貴代 (16名)

見学者   (公財)浜松市文化振興財団2名

 

内 容

 第2回 デザイナーズレクチャー&ワークショップ

  ①ヨコ糸指定図への落とし方

   松浦さんより、ヨコ糸色見本とヨコ糸指定図による試織見本が提示され説明を受ける。

   タテ糸ヨコ糸の重なりで得られる色を想像し試織見本により確認する。

  ②各自のデザイン作業

   各自のイメージを織物に具現化するための相談と指導 

ヨコ糸の色見本 遠州縞に使われる色は、渋く柔らかな日本の色
ヨコ糸の色見本 遠州縞に使われる色は、渋く柔らかな日本の色
指定図と製織の説明を受ける
指定図と製織の説明を受ける

松浦さんと伊藤みどりさん
松浦さんと伊藤みどりさん
松浦さんと土屋公良さん 土屋さんは浜のオフ白と松の緑&海のブルーがデザインソース
松浦さんと土屋公良さん 土屋さんは浜のオフ白と松の緑&海のブルーがデザインソース
潮さんと松浦さん
潮さんと松浦さん

 

資 料

 

 格子のレッスン 平成遠州縞帳 ヨコ糸色見本 ヨコ糸指定図 縞柄見本と格子柄見本 

注染絣糸 

 

感 想

 

 各自のイメージを布に落とし込む作業に没頭し、講師とデザイナー、補助員が一体となって学ぶ

 姿に感動した。またデザイナー各自の好みが集約され、個性的な格子柄が誕生し、それが新定番の

遠州縞(遠州格子)として期待される商品に成長できるのではと感じた。