令和2年度 浜松市創造都市推進事業補助金

 

The ENSHU + プラス 創造事業 活動報告書

 

日 時

 令和2年8月5日(水) 18:00-21:00

 

場 所

 浜松市立東部協働センター 実習室

 

テーマ

 第3回 デザイナーズレクチャー&ワークショップ

 

参加者

外部招待者 松浦伸哉(講師) 三井いくみ(水野・ミカエル) 伊藤みどり  潮拓也 

構成員   中野眞 小杉思主世 鈴木惠 大高旭 和田喜充 古山勝美 須部貴代 (14名)

見学者   浜松市産業振興課職員1名

 

内 容

 

第3回 デザイナーズレクチャー&ワークショップ

①各デザイナーからのプレゼン

①潮 拓哉 さん

鰹縞のベースに同色のヨコ糸で男性的なデザイン 自社サンプルを沢山持ち込み大奮闘!! 遠州縞への愛が満杯

②水野早希さん

三ヶ日みかんをイメ―ジして七色紬をペ―スにオレンジと緑を載せる みかんのパッケージにしてそのまま何回も使う

③伊藤みどりさん

桜とお茶がテーマ 黄緑×ピンクに挑戦。柔らかい温かい寛いだ感じを表現自分の服もその色で


④ペレパーミカエルさん

重陽の節句がテーマ 9×9という数字がになる 基本色は黄色で9本切り替え

⑤土屋 公良 さん

遠州浜の砂丘、松の緑、海の青、この三色をタテヨコ両方に配した すっきりが基本

(都合で7/29にプレゼン)

⑥ぬくもり工房さん

名前は「プラント」

人は自然の一部である・・・というメッセージを込め、自然の癒し・豊かさを表現多様な植物の色で格子を構成する 自然を家の中へ持ち込み快適に暮らす


 

②松浦さんからアドバイス

ヨコ糸指定図への落とし込みと、共通タテ糸へまとめることができないか検討する

8/6より糸量計算や糸染め指示に等の準備にかかり、11月中旬には織り上がる予定

 

③プロジェクトより(中野)

10月頃「機場の見学」を行い、11月に参加メンバーによる「内見会」を開催、

来年1月に「メディアに発表」する 成果反の販売促進に努める     

 

 

資 料

 

格子のレッスン 平成遠州縞帳 ヨコ糸色見本 ヨコ糸指定図 縞柄見本と格子柄見本 

注染絣糸 

 

感 想

 

楽しみにしていたデザイナーたちのプレゼン。各自資料やサンプルを用意してくれて、分かりや

すく魅力的に発表してくれた。タテ糸のデザインテンプレートやヨコ糸使用色について確認の質

問が出た。織り上がった時点での「内見会」に再会する約束をして解散した。